『アドロード』の街の様子

場所設定の際、街の施設の詳細を多少決めてもかまいません(間取り、立地条件、環境など)。 ただしそれは「公式設定」ではなく、その場限りの設定となります。
例えば、「冒険者ギルドは3階建て」という設定にしたとしても、その設定はチャットの終了後、消滅します。後日、別の方によって「冒険者ギルドは平屋建て」という設定になるかもしれません。
公式設定に明記されていない部分のアドロードは、すべて「その場の都合で変化」します。

中央区

アドロードの行政を担う庁舎や貴族向けの高級施設が立ち並ぶ区画、それが中央区です。目抜き通りに限らず、この区域の道はゆったりと道幅がとられた上で石畳が敷かれていることが殆どです。
街の中心にそびえる鐘楼は、この街のどこからでも屋根が見えると言われ、アドロードのシンボルとして住民に親しまれています。また、アドロード庁舎前の大広場は、住民の交流や憩いの場としても利用されています。

時告げサムとメアリーの塔

アドロードの中心には、白い石造りの鐘楼がそびえ立っています。鐘楼の鐘は決まった時刻ごとに鳴らされ、アドロード中に時刻を告げる役割を持っています。また、街のどこからでも辿りつきやすいということで、待ちあわせの名所としても知られています。
この鐘楼は、もともとアドロード創立期に建てられたものでしたが、数年前の火事で完全に焼失しました。現在建っている鐘楼は、失われたものを再建したものです。先日再建されたばかりで、まだ真新しさの残る塔ですが、アドロードのシンボルとしての存在感は、かつてそびえていたものと遜色ありません。
この鐘楼付近には、かつての火事にまつわる幽霊が出る、などという噂も囁かれていますが、実際にその噂を確かめたものはまだいないようです。

中央大広場

アドロードの町役場前には、石畳の広場が設けられています。アドロードにおいて、大規模の式典が行われる時には、大抵この広場が使用されることが多いようです。もっとも、普段は憩いの場として利用されることの方が圧倒的に多いのですが。
早朝には、散歩する人やちょっとした鍛錬を行う人の姿を見ることも出来るでしょう。

商業区

アドロードの南側に位置するこの区画は、商人たちが店を構え、巨大な露天市場が開かれる、商業盛んな一画です。中央区とはまた異なった賑やかさで、訪れた旅人たちを迎えることでしょう。アドロードへ行商に訪れたキャラバン向けの駐屯地も、この地区のはずれに存在しています。
この地区で特筆すべき施設と言えば、冒険者の集う店・風来亭、冒険者ギルドのアドロード支部、露天市場で有名な大橋などを挙げることが出来ます。

酒場「風来亭」

アドロードの街に集う冒険者たちへ、憩いと情報交換の場を提供する酒場です。1階は酒場ですが、2階は宿屋となっており、酔客がそのまま泊まっていく事も。
冒険者たちを出迎えるのは店主のギルガ、無口なスキンヘッドの大男です。かつては勇敢な冒険者だったという噂もあります。 彼の提供する酒と料理は一級品であり、それらを肴にした仲間との語らいは、危険な冒険を繰り返す冒険者にとって何よりも安らぎとなることでしょう。

冒険者ギルド

冒険者の集う街だけあって「冒険者ギルド・アドロード支部」も存在します。冒険者ギルドは世界中に散らばって存在し、アドロードにあるギルドは支部に過ぎません。
冒険者ギルドでは、冒険依頼をまとめ、冒険者に仲介することを主な業務としていますが、ギルド主催の冒険者を対象としたイベントなども時折行なわれます。
また、ギルド自体が冒険者同士の情報交換の場のひとつにもなっています。
この街に住む冒険者の全てが冒険者ギルドに所属しているわけではありませんし、ギルドに所属しない冒険者に仕事を回さない、ということもありません。 例えギルドに所属しない冒険者であっても、ギルドの世話になる事は多いはずです。

冒険者ギルド訓練場

「冒険者ギルド・アドロード支部」には、戦闘技能をはじめ冒険で必要となる技術の訓練施設が併設されています。施設には的や藁人形が準備された戦闘訓練場、薬草調合室などが含まれており、この訓練場なら大抵の技術の練習を行うことが出来ることでしょう。この施設はアドロードの冒険者達からの寄付によって増改築が進められてきたもので、今では世界各国のギルド支部の中でも指折りの規模を誇っているのだという話もあります。
冒険者ギルド員はもちろん、ギルドに所属していない冒険者にもギルド訓練場は無償で開放されており、日々様々な冒険者がこの施設を利用しています。時には、初心者冒険者が先輩冒険者にさまざまな冒険の知識を伝授してもらっている、なんて場面にもお目にかかれるかも知れません。

トロール大橋の市場

アドロードを南北に貫く大通りを進んでいくと、やがてアドロードを東西に二分する川に辿りつきます。そこで川に裂かれた大通りを繋いでいるのが、この石造りの大橋です。アドロード草創期から存在するこの橋上では、朝昼夕を問わず、店を広げた商人たちの、威勢のいい物売りの声を聞くことが出来るでしょう。アドロードのほぼ中央に位置するこの大橋は、古くから市の立つ場所となっているのです。
時間帯によっても変化しますが、この橋の上の市場で商われる品物はあまりにも多彩です。青果から装飾品、時には情報、盗品の類まで、この市場で手に入らないものはないと言う者もいる程です。

冒険者の宿「ドラゴンズテイル」

この街の冒険者は、街に定住している者ばかりではありません。旅から旅の冒険者も多く存在します。
そんな彼らを上客とする「ドラゴンズテイル」は、この街でも有数の大きな宿屋。出世払いが原則で、すっかり居ついている冒険者も数知れず。
宿の亭主は冒険者ギルドの大物であるとか、過去偉大な冒険者であったなど、まことしやかに囁かれています。

居住区

アドロードのあちこちに存在する居住区のそれぞれにはアドロードの大抵の住人が暮らす民家が建ち並んでいます。一括りに居住区と言っても、街の北側は大商人や貴族が暮らす屋敷が並ぶ高級居住区で、非常に治安は良いです。逆に、金目の物を狙う盗人が現れることも少なくありませんが、大抵の屋敷には厳しい警備があります。アドロードで、最も安全な地帯であるとされています。街の南側は庶民の暮らす地区で、商業区や、中央区とは違い、日中でも静かです。南に行くほど、治安が悪いとされています。
この地区では、右を見ても、左を見ても、日常生活を垣間見ることが出来るでしょう。居住区に住処を持つ冒険者は、殆どが南側に暮らしていますが、ごく一部、北側に住んでいる冒険者も存在するようです。

路地裏

アドロードに幾つもある通りから少しそれてみれば、路地裏に出ます。そこは大抵建物や石壁が高く、また、道が狭い為に表よりも薄ら暗いです。治安は大抵悪く、良いなりでこの場所を歩けば、浮浪児などに狙われることでしょう。足元が石畳か土かは場所によりますが、道の隅にはゴミが非常に多くあり、座り込んだ浮浪者が通る人々を見上げます。
普通の市民ならば大抵用事はないと思われる場所ですが、表通りには無いような、奇妙な装備を取り扱う店や怪しい薬の販売店など、珍しいものを扱う店も多くあるようです。

野外

アドロードを囲む城壁から一歩足を踏み出せば、そこに広がるのは、開拓地と開拓地を結ぶ「冒険者たちの街道」、そして冒険の待つ未開の地です。
街道を外れれば、まだ見ぬ自然の脅威にめぐり合うこともあるかもしれません。アドロードの物流を支える「冒険者たちの街道」の上にも、冒険の種が転がっていないということはないでしょう。
アドロードの南方には海洋が広がり、西方にはエルフをはじめとする森の住人が集落をつくる森林が広がっています。

アドロードの西方には、いまだ全容を知られていない大森林が広がっています。街からほど近い部分を散策するには、とても素晴らしい場所です。アドロードの住人の中には、この森のもたらす恵みによって生計を立てている者も少なくは有りません。
森の奥にはエルフやピクシー達の集落がいくつか存在しており、アドロードとは基本的に良好な関係を築いています。しかし、アドロードの自治権が失われ、帝国騎士団が常駐するようになってからは、森の住人との水面下での衝突が増えているという噂もあります。

アドロードの南には、大海原が広がっており、冒険者たちをさらなる冒険に誘うのですが、それは非日常の話。アドロードの大門から歩き出したところにあるこの岬には、明かりの絶えることのない灯台が一つ、ぽつんとそびえています。どんな嵐にも負けず、船を導いたこの灯台は、恋人たちの密かなデートスポットにもなっています。アドロードの娘たちは、この灯台に絡めて、可愛らしい恋のおまじないをたくさん作り上げているのです。
灯台脇から緩やかに下る坂道を辿れば、波の打ち寄せる岩場に出ることが出来ます。岩場からさらに足を延ばせば、知る人ぞ知る、砂浜のある入り江にも辿りつくことが出来るでしょう。

街道の途中

アドロードは、開拓地と開拓地を結ぶ「冒険者たちの街道」が交錯する土地です。各開拓地から、はたまた帝都から、行き来する物流と人は、ほぼ全てがこの「冒険者の街道」を通じてアドロードを訪れ、あるいは出発していくのです。旅の冒険者たちの多くは、この街道を通ってアドロードへたどり着いたことでしょう。
「冒険者の街道」は、開拓が進みつつあるとはいえ、辺境の街道のこと、舗装がなされているようなことはありません。街道わきには宿場町が形成されていたり、簡易宿泊所が準備されていることもあるようです。

なお、以上の『アドロード』『酒場「風来亭」』『冒険者ギルド』『冒険者の宿「ドラゴンズテイル」』の設定は、 「オンラインTRPG アドベンチャラーズロード」の管理人、Q太郎さまによる同名の街・施設の設定を原案としております。

その他

PLチャット

PCではなく、PL名で入室するチャットです。(このチャットへのPC入室はご遠慮ください。)
PL同士の雑談、打ち合わせ等、PL同士の交流に使用してください。注意事項として、ユーザ未登録の方でも入室が可能なチャットですので、誰でも入りやすい雰囲気を心がけてください。

時折管理人、運営人も出入りします。管理人、運営人は名前の後に「◆〜〜」と担当部位、あるいは運営人名等が斜体で表示されます。 この表示がない場合、その発言は無視してください。
※運営人のみなさんへ→キャップが######となっていた場合、キャップが間違っているか、キャップが登録されていません。再入室するか、Siestaへ相談してください。

管理人、運営人は現在下記のメンバーです。

◆管理人
全面管理とバランス調整、PHP作成を行う管理人。
サイト全体の最終決定権を有する。
◆トキ
ほぼ世話女房な運営人。
担当部分は管理補佐、PHP作成補佐がメイン。
◆技術監査
プロのプログラマな運営人。
担当はJavaScript、PHP、DB等の監査およびアドバイザー。
◆おてつだい
イラストレータな運営人。
担当部分はイラスト、時折広報。